ねずみ駆除も大切だけど寄せ付けない環境を作るのも大事

プロが行なうねずみ駆除でねずみを寄せ付けない プロが行なうねずみ駆除でねずみを寄せ付けない

ねずみが発生しないような環境を作ること

女性

ねずみは自分たちが住みやすい環境を求めて移動を続けています。住みやすい環境を見つけたら、そこに定住するのです。人の家は、ねずみにとっても特に住みやすい環境となっていることが多いといえるでしょう。食べ物も豊富にあり、巣作りに必要な材料もすべて揃っているからです。

ねずみが住み着きやすい環境とは?

ペットが食べ残したペットフードや、お菓子の食べかすなどが床に落ちているとねずみの餌場となります。三角コーナーの生ゴミをそのまま放置しているのも、問題があるといえるでしょう。ねずみの種類によっては壁をよじ登るのが得意なタイプがいます。ですから、高いところに食べ物を置いたとしても安心できないのです。食べ物の他に、本や新聞紙、ティッシュペーパーが散乱している状況などもねずみにとって住みやすい環境となります。新聞紙やティッシュペーパーなどは、ねずみが巣を作る時の材料となるのです。また、侵入経路が沢山あるのも見逃すことはできません。例えねずみ駆除を行なったとしても、侵入経路が沢山ある状態だと再発の恐れがあるのです。

ねずみを寄せ付けないための予防策

食べ物を放置しない
ご飯を食べた際に、皿に乗った惣菜などの食べものをそのままにして置かないようにしましょう。もしねずみが侵入している場合だと、これはねずみに餌を与えているのと同じことになります。他にも食べカスを床に落としたまま掃除をしないのも、ねずみに餌を与えていることになります。ねずみは、餌のある環境から離れていくことはないのです。ですからまずは食べ物を落とさない、放置しないことなどから、意識して始めてみると良いでしょう。
巣作りの材料を置かない
ねずみは紙や布を使い巣を作ります。この巣を作らせないためには、新聞紙やチラシを家の中に置きっぱなしにしないことが大切です。タオルも清潔な状態にしてタンスにしまうことを心がけましょう。他にも、天井裏や床下の掃除も徹底しておくと良いです。室内も常にキレイに保ち、ねずみが住みにくい環境を作るのはねずみを寄せ付けないための立派な予防となります。

TOPボタン